スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「線の造形、線の空間 ― 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」展 於:菊池寛実記念 智美術館

DSCF8748rs.jpg 
 東京都港区虎ノ門にある 菊池寛実記念 智美術館で開催中の
「線の造形、線の空間―飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」展 を観てきました。


 竹工芸の作品は、しなやかで強靭な竹の特性を生かし、編組(へんそ)技術によって形づくられます。竹を割り、削って加工した多様な「線」は豊かな表情や質感を示し、作品に応じて選ばれ、巧みに用いられます。そして「線」の連なりは、構造と同時に装飾ともなり、空間を包み透かして立ち上がる竹の造形を創出するのです。

 竹工が職人的な技芸を超えて、個人の表現として追求されるようになるのは大正、昭和期のことです。本展では、その時期に東京を拠点に活躍した飯塚琅玕齋(1890‐1958)と大阪・堺を拠点に活躍した初代田辺竹雲斎(1877‐1937)を中心に、琅玕齋の兄・二代飯塚鳳齋(1872‐1934)、琅玕齋の息子・飯塚小玕齋(1919‐2004)、そして二代竹雲斎(1910‐2000)、三代竹雲斎(1941‐2014)、四代竹雲斎(1973-)の作品を展示します。

   二つの家系、作家7人の作品120点余によって、大正、昭和、そして現在までの竹工芸作品を見渡し、各作家が既存の技法や前の世代の制作を革新させてきた「線」による立体造形の魅力をご紹介します。(智美術館HPより)



 昨今、日本の竹工芸は海外での注目度を増しており、ニューヨークのメトロポリタン美術館で昨年行われた展覧会は43万人もの動員を記録したそうだ。

 わが国が誇る竹工芸の作品が、当の日本人が見る間もなく海外のコレクターの手に渡っていく現状を憂い、近代竹工芸の高い芸術性に着目し、その面白さを広く私たち日本人に知って貰うべく立ち上がったのが “ 菊池寛実記念 智美術館 ” である。

 昭和60年に国立近代美術館で開催された「竹の工芸-近代における展開」展以来、東京で本格的な竹工芸の展覧会が催されるのは実に33年振りとのこと。


DSCF8769rs.jpg 

 実業家であった菊池寛実の娘・智が集めた現代陶芸コレクションを収蔵・展示する場所として平成15年に開館した美術館は、都心の一等地・虎ノ門に佇立する高層ビルの狭間にある。


DSCF8636rs.jpg 

 受付の脇には地下の展示室に下る硝子手摺の見事な螺旋階段がある。智美術館のシンボルであるこの螺旋階段の吹き抜けになったスペースに、四代田辺竹雲斎による高さ7メートルのインスタレーションが設置されている(会期中のみ)。

 材料となる竹ひごは「虎竹」という希少種から作られ、十年ほどかけて少しずつ作り貯めたものを五千本以上使用した巨大な自立作品見た目の美しさはもとより、構造力学的な合理性も常に意識されている


DSCF8637rs.jpg 

 地下に降りると、右手のショーウィンドウに初代田辺竹雲斎の花籃が展示されている。竹工芸の知識がなくとも、わが国の竹工芸作家がどれほどの高みに到達しているのか、この花籃ひとつ見ればたちまち分かってしまう。というか圧倒される。

 編みの密な下部には「福・禄・寿」の文字が編組によって表されている胴部の円窓からも花を挿す事ができ、その上層の面は透かしのある編みになっている。

 古い花籠には持ち手のつく物が多いそうで、本体と手を繋ぐ部分は、竹よりも柔らかな籐を用いて装飾的にかがってある。ここも見所のひとつだ。


DSCF8762rt.jpg 

 展示室内は初代竹雲斎の作品から始まる。

 江戸末期から明治期にかけて煎茶道が流行すると、大陸よりもたらされ珍重されていた唐物の竹製花籠は需要の高まりをみせた。籠師と呼ばれる竹細工の職人がこれに応えるかたちで唐物を範とする「写し」の制作に携わるようになる。そうした中から現れたのが、独自の作風を追求し竹工芸界に大きな足跡を残した初代田辺竹雲斎である。


DSCF8680rs.jpg 

 幼少より父・初代竹雲斎の手ほどきを受けた二代竹雲斎の作品。初代と比べて、作品のフォルムがすっきりと整理されている。透かしを好んだそうで、極細の竹ひごの繊細な線がふんわりと空間を包み込む幻想的な作風が特徴。


DSCF8698rt1.jpg 

 竹工芸は編み目の変化に加え、素材となる竹ひごの太さや形を変える事で、印象の異なる多様な面を作り出すことができる。矢竹を割らずに丸竹のまま用いて、直線と円形で面を構成したこの作品は三代竹雲斎の制作。編みというより組み。


DSCF8695rs.jpg 

 吹き抜けスペースに展示されたような巨大なインスタレーションが注目されている四代竹雲斎だが、その現代的な感覚は工芸作品にもいかんなく発揮されている。伝統的な編組技術の裏打ちがあってこそ、自由な造形表現が可能となる。



 飯塚家の展示は琅玕齋からはじまる。

DSCF8702rs.jpg 

 十二歳の頃より父・初代鳳齋の手ほどきを受けた琅玕齋。一時は画家を目ざしたが、竹工芸において高い芸術性と格調のある制作を決意。生け花、書、漢学、俳句、和歌など日本文化の教養を積み、人格の研鑽を自らに課した。竹の美しい緑をあらわす言葉「琅玕」を号とし、若い時は竹と格闘しながら、晩年は竹の声を聞きながら制作に臨んだという、竹工芸界の大立者だ。

 作品の様態に真・行・草の三態の概念を導入し、主に自然の事物・事象と相呼応する趣ある「銘」を作品に施している。


DSCF8720rt.jpg 

 竹ひごを束ねて矯めて編み、籐で装飾的にかがって・・・と言葉にすれば簡単だが、自然の竹を竹ひごに加工する下準備をふくめ、想像しただけで途方もない作業だ。


DSCF8761rt.jpg 

 しかし、驚くのはまだ早かった。琅玕齋が考案した「竹刺編(たけさしあみ)」という技法によるこの作品、一日かけても僅かしか編み進めることができないという「超絶技巧」。これほど間近で見られる機会が今後あるのだろうか・・・。


DSCF8730rs.jpg 

 底面が六角形をした魚籠のような本体に、根竹の自然な風合いを残した脚を付けている。制作者の二代鳳齋は弟の琅玕齋とともに竹工芸の芸術性を高めて工芸界に確固たる位置を築いた。


DSCF8752rs.jpg 

 小玕齋の氷裂編による作品。

 祖父初代鳳齋以来の編組技術は伯父二代鳳齋、父を経て小玕齋へと受け継がれた。昭和・平成の近代工芸界において、より品格のある高い境地の竹工芸を追求し、昭和57年、六十三歳で国の重要無形文化財「竹工芸」保持者に認定された。



 竹工芸を竹の「線」でつくる立体造形であると捉え、その芸術性を愉しんでもらいたいという本展のコンセプトから、花籠に付随する「落とし」と呼ばれる生け花用の竹筒はあえて外してあるそうだ。勿論、形も色もさまざまな竹籠に、どのような花が映えるだろうかと想像しながら見て歩くのも愉しく、なんとも言えず贅沢な時間だ。

 展示品はすべて個人所蔵であり、かつ自然素材の作品という制約もあって、この質と量の竹工芸展が次いつ開催されるかまったく分からない。しかも、本展では大部分の展示品をケース越しでなく間近に観ることができる。

 記事内では紹介しきれていない竹工芸の名品の数々を、この得がたい機会に、ぜひ展覧会に足を運んで観ていただきたい。風通しの良い、目にも涼やかな竹籠を鑑賞するには、夏に向かってどんどん暑くなるこの時節がぴったりかも知れない。

 作品が落とす影まで美しいのでお見逃しなく。


※掲載画像は、ブロガーイベント参加時に特別に許可されて撮影しました。通常、撮影可能な作品は吹き抜けのインスタレーションのみとなり、その他の展示品及び展示室内での撮影は不可となります。


「線の造形、線の空間―飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」展


 場 所 : 菊池寛実記念智美術館 (東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル)

 会 期 : 414()716(月・祝日)

開館時間 : 11001800 (入館は17:30迄)

 休館日 : 月曜日(但し430716は開館)、51()65()


※飯塚琅齋、初代・二代四代田辺竹雲斎の作品は、前期と後期の二期に分けて展示後期は66()から。

二代飯塚鳳齋と三代田辺竹雲斎の作品は、三期に分けて展示。

  一期 414()513()

  二期 515()610()

  三期 612()716(月・祝)

120点を展示。


※会期中、各種イベントあり。HP要確認。

※学芸員さんの解説を聴きながら鑑賞できるギャラリートーク、お薦めです。


 美術館1階に併設のレストラン「ヴォワ・ラクテ」では、美しい日本庭園を眺めながら気軽にフレンチを堪能できます。また、美術館の隣に建つ瀟洒な洋館は国指定登録有形文化財で、内部見学も行っているので興味のある方は是非。


スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

イロハイロ

Author:イロハイロ
古美術・古民家・寺社建築・・・
古いものは佳いですね。
もっともらしく書いてますが
不勉強にも程があるので
内容に間違いがあるかも知れません。悪しからず。

最新記事
..
当ブログ上の掲載画像・文章の無断転載・複写・複製及び商用利用はお断りします。ご注意ください。
月別アーカイブ
05  04  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  02  01  11  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  06  04  02  01  12  11  10  09  08  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ユーザータグ

江戸時代 重文  神社 鎌倉時代 平安時代 室町時代  法隆寺 奈良時代 明治時代 飛鳥時代 国宝 安土桃山時代 大正時代 重要文化財 人間国宝 世界遺産 史跡 京焼 狩野派 ルーベンス 重要美術品 茶碗 楽焼 秘仏 寄木造 昭和時代 都指定有形文化財 鎌倉観音霊場 江戸東京たてもの園 広田松繁 名勝 狩野探幽 円爾 目貫 縄文時代 屏風 能面 重森三玲 天然記念物 青銅器時代 印籠 鎌倉十井 伊東忠太 南北朝時代 桃山時代 日本百景 琳派 日本三大奇勝 アンコール時代 土佐派 北条時頼 大休正念 鎌倉地蔵尊霊場 クメール朝時代 長谷川派 萩焼 クシャーン朝 国指定史跡 美濃 松永安左エ門 平櫛田中 土偶 信楽焼 東寺 黄瀬戸 曽我二直庵 無形文化遺産 帝室技芸員 万古焼 鍋島 京都八釈迦 本阿弥光悦 蘭渓道隆 友成 太刀 クシャーン朝時代 安東焼 猿投 向付 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 瀬戸焼 東福寺 大業物 東大寺 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。